総合

世界記憶遺産に落選 - 水平社宣言

記者会見する守安館長(左)ら=12日午後8時40分ごろ 拡大

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の国内委員会は12日、重要な歴史文書の保存を目的とする記憶遺産の登録候補として、政府が申請した国宝の東寺百合文書(とうじひゃくごうもんじょ)と、京都府舞鶴市が申請したシベリア抑留に関する日記や手紙の計2件を選んだ。御所市の奈良人権文化財団などが申請していた全国水平社創立宣言は選ばれなかった。近くユネスコに通知し、ユネスコは来年夏ごろに登録可否を決める。政府や地方自治体などから4件の申請があり、国内委は一つの国の審査枠2件に絞るため、初の選考を実施した。

 奈良人権文化財団などは、3月に申請書類をユネスコに送っていた。その後、「『水平社創立宣言と関係資料』のユネスコ世界記憶遺産登録を目指す会」(武者小路公秀代表)を結成し、210団体の賛同機関・団体一覧をユネスコの国内委員会に提出した。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

第3回入江泰吉記念写真賞受賞記念「真鍋奈央『波を綴る』展」/入江泰吉写真展「奈良の世界遺産」

真鍋奈央の作品
提供元:入江泰吉記念奈良市写真美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報