社会

3D映像ショーなど催し - 橿原で「春の神武祭」開催中

橿原神宮外拝殿の大屋根に映す3D映像ショーのイメージ(平成26年春の神武祭実行委員会提供) 拡大

 神武天皇を祭る橿原市久米町の橿原神宮とその周辺で、「春の神武祭」(平成26年同祭実行委員会主催)が開かれている。6日まで。外拝殿では、大屋根をスクリーンに見立てて橿原市の歴史物語を題材にした3D映像ショーも上映される(午後6時30分〜9時)。

 神武天皇の命日とされる4月3日の「神武天皇祭」に合わせて開かれる祭りで、地域では「神武さん」の愛称で親しまれている。

 5日までは、境内や神宮周辺をライトアップ(午後6〜9時)。深田池では、奈良芸術短期大学の協力で、橋をLEDで虹色にしたり、紙製の浮き花にLEDキャンドルを乗せて水面に浮かべたりして、幻想的な雰囲気を演出する。

 ライトアップ最終日の5日には、「トイレの神様」で知られる歌手、植村花菜さんのコンサートを外拝殿前で開催。午後7時から。

 和楽器演奏ユニットAUN(あうん)&HIDE(ひで)のライブ(3日午後3時30分)▽地元アーティストのライブ(4日までの午後6時と8時)▽約1500人の参道パレード(6日午後1時30分)―などもある。

 問い合わせは実行委員会事務局、電話0744(20)1123。 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ギターとチェンバロの演奏会の招待券

プレゼント写真
提供元:テーネ・ザール
当選者数:6人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド