総合

堂内に響く義太夫節 - 人間国宝の竹本住大夫さん/薬師寺 花会式

文楽「関寺小町」を奉納する竹本さん(右)=26日、奈良市西ノ京町の薬師寺東僧房 拡大

 人形浄瑠璃文楽の最長老で人間国宝の太夫、竹本住大夫さん(89)が26日、修二会(花会式)が営まれている奈良市西ノ京町の薬師寺で文楽を奉納した。花会式での奉納は平成22年以来4年ぶり。竹本さんは今年5月の東京公演を最後に引退を表明、今年で最後の奉納となる。

 奉納は当初、金堂前の特設舞台で予定されていたが、雨のため東僧房に変更。100歳の老女となった絶世の美女・小野小町の姿を描いた「関寺小町」が奉納され、竹本さんは昔と変わらぬ義太節を披露した。竹本さんは、昭和47年に写経道場落成記念で初めて奉納。同い年の故高田好胤元管長とも交流があり、「喜びと感謝と敬うの心で68年間舞台を務めてきた。引退する年に奉納でき、良いご縁をいただき感謝したい」と話した。

 また、花会式の奉納行事は華道・池坊の次期家元、池坊由紀さんによる献華式も行われた。池坊による献華は23年以来3年ぶり。「初夜」の法要中の金堂で、由紀さんが花を生け、月光菩薩像前に奉納した。

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

阪神タイガース公式イヤーブック

プレゼント写真
提供元:阪神コンテンツリンク
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報