社会

観光活性化へ道路拡幅 - 猿沢線を街路整備/奈良市予算案

道路幅員が狭く、観光シーズンなど混雑も見られる鶴福院町の市道 拡大

 奈良市は観光活性を目指して、来年度予算案に猿沢池周辺活性事業の関連経費を計上した。その一つとなるのが鶴福院町の猿沢線街路整備事業。猿沢池の南側から都市計画道路杉ケ町高畑線(ならまち大通り)に抜ける市道は幅4〜7メートルしかなく、観光シーズンなどは歩行者や車で混雑が著しい状態。このため市は100メートル区間の道路幅を12メートルに拡幅。観光バスの往来も可能にする考えだ。

 同路線は、猿沢池西側から、ならまち大通りまで約450メートルが昭和30年6月に都市計画決定されたものの、現在まで手付かずになっていた。特にならまち大通りの交差点に近い100メートル区間は、両脇に商店が並び、車や観光客が入り乱れるように往来。安全対策が課題とされていた。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良マラソン「第一生命メッセージボード」
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

企画展「姿の美、衣装の美…肉筆浮世絵」の招待券

プレゼント写真
提供元:県立美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報