総合

一足早く浄化の儀式 - 大導師試別火入り/お水取り

別火坊に入る大導師の橋村師=15日、奈良市雑司町の東大寺 拡大

 奈良市雑司町の東大寺で15日、二月堂の修二会(お水取り)で大導師を勤める橋村公英・正観院住職が他の練行衆(れんぎょうしゅう)より一足早く試別火(ころべっか)入り。約1カ月間にわたる法会が始まった。

 別火は本行の前に世間と火を別にして生活し、心身を浄化する前行。現在は境内にある戒壇院の庫裏が別火坊として使われている。大導師は修二会の法要全体を統括する役で、初めて勤める人は5日早く別火坊に入る。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

書籍「料理大好き小学生がフランスの台所で教わったこと」

プレゼント写真
提供元:自然食通信社
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報