社会

重文の屋根間近に - 春日大社・移殿の桧皮葺き替え

葺き替えが終わった桧皮屋根を見学する参加者=3日、奈良市春日野町の春日大社 拡大

 平成27、28年の式年造替に向けて社殿の修築が進む奈良市春日野町の春日大社で3日、国の重要文化財に指定されている移殿(うつしどの)の桧皮(ひわだ)を葺(ふ)き替える工事の見学会が始まった。15日まで。

 移殿は幅約13・6メートル、奥行き約8・3メートル、高さ約6・4メートル。式年造替で本殿から神様を移す仮殿として使われる。現在の建物は慶安3(1650)年に建てられた。

 葺き替え工事は昨年12月に始まり、約220平方メートルの屋根に約12万枚の桧皮が葺かれる。すでに西半分の葺き替えが終わり、東半分の工事が行われている。完成は今月末の予定。

 見学会は午前と午後の2回行われ、午前の部に約20人が参加。工事のために設置された覆屋の足場に上がり、屋根を間近に見学した。

 奈良市の通訳岡本佳奈さん(41)は「材料の桧皮を作るだけでも大変だと思った」と話していた。

 移殿の見学会は午前10時30分と午後1時30分。無料。事前申し込み不要。1回定員20人(先着順)。

 文化財の修理に取り組んできた春日大社の舘俊秀主事による特別講座は15日午前10時から。参加費1000円。定員40人。希望者ははがきで申し込む。10日(必着)締め切り。問い合わせは春日大社、電話0742(22)7788。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

書籍「料理大好き小学生がフランスの台所で教わったこと」

プレゼント写真
提供元:自然食通信社
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報