社会

明治の金銀食器でディナーいかが - 新たに1600点発見/奈良ホテル

 明治時代に「極東一の豪華ホテル」とうたわれた長崎ホテル(長崎市、1898〜1908年)の金銀のナイフやフォークなど約1600点が、奈良市の奈良ホテルで新たに見つかった。同ホテルは、これらの食器を使った食事会を2月に企画している。

 長崎ホテルは、英国人実業家フレデリック・リンガーらが長崎港の外国人居留地で開業。全客室に電話をつけるなど、当時の外国人のエッセーで「極東一の豪華ホテル」と記されたが、奈良ホテルが開業する前年に閉館した。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

書籍「料理大好き小学生がフランスの台所で教わったこと」

プレゼント写真
提供元:自然食通信社
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報