総合

きょう“出番”冬至の福南瓜 - 大神神社で振る舞い

冬至を前に神官からお祓いを受ける「福南瓜」=桜井市三輪の大神神社

 きょう22日は二十四節気の一つ冬至。1年中で最も夜が長い日で、この日を境にだんだん昼が長くなることから、古代では冬至を年の初めとしていた。

 桜井市三輪の大神神社では、冬至に「福南瓜(なんきん)煮の振る舞い」を行うのが恒例で、この日を前に神官が「福南瓜」をお祓い。橿原市のナント種苗がコフキ南瓜100個を奉納した。

 南瓜はきょう22日、同市慈恩寺の玉列神社の椿奉仕会の15人が調理し、煮物とぜんざいの2種類、合わせて1200食分を作り、100食ごとに「福授け」として南瓜がプレゼントされる。

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録

奈良新聞読者プレゼント

上位入賞者による演奏会の招待券

プレゼント写真
提供元:あおによし音楽コンクール奈良
当選者数:3組6人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ