総合

霜からコケ守る“毛布” - 依水園で敷き松葉

敷き松葉で冬支度をした庭園。松の葉が規則正しく並べられた=奈良市水門町の依水園 拡大

 季節の花々が目を楽しませる、奈良市水門町の名勝・依水園(中村記久子館長)で、霜からコケを守る「敷き松葉」が施され、冬支度が整った。

 敷き松葉は、霜柱が立つと、持ち上がった地面が乾燥してコケが枯れてしまうため行われる。同園では毎年、12月中旬に作業が行われている。

 斑鳩町に住む庭職人の牧岡一生さんらが庭園で採れた松の葉、約210リットルを使い作業。庭園の茶室、清秀庵の路地に市松模様の「遠州流」や「織部流」「利休流」の三つの図案で葉を敷き、茶色く覆われた庭はすっかり冬景色になった。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • アドレター
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

肉筆浮世絵の世界展の招待券

宮川長春「立ち美人」1711~36年
提供元:パラミタミュージアム
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • 新規ご契約キャンペーン
  • 奈良新聞デジタル
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報