考古学

新たに建物跡発見 - 興福寺の西室西側

新たな掘っ立て建物跡が見つかった興福寺の西室跡=10月、奈良市登大路町(奈良文化財研究所提供) 拡大

 興福寺と奈良文化財研究所は27日、僧侶の生活の場だった同寺の西室(西僧房)跡の西側で、並行して建つ掘っ立て建物跡1棟が新たに見つかった、と発表した。奈良時代創建の西室と並存していたとみられ、僧侶の従者が住んだ付属施設の「小子房」跡の可能性が高いという。ただ、西室との間隔の狭さや建物の構造の違いなど謎も多い。発掘現場はすでに埋め戻され、現地見学会は終了している。

 奈良文化財研究所によると、今年6月から10月上旬まで西室跡の南半分約985平方メートルを調査。9月の現地見学会のあと遺構を精査し、柱列が南北7列以上、東西3列の掘っ立て建物跡が新たに確認された。

 柱を建てるために掘った穴は一辺0・8〜1・2メートルの隅丸方形で、深さ0・8〜1メートル。三個の穴で柱痕跡が残り、柱径は約20センチだった。

 建物跡の大きさは東西5・2メートル、南北40メートル以上と想定。遺物が少なく創建時期は不明だが、柱筋をそろえることなどから西室と並存していたとみられ、絵画資料で併設して描かれた小子房の可能性が高いという。

 ただ、礎石建物だった西室に掘っ立て柱建物の施設が並存するのかという問題のほか、両建物の間の距離が約2・5メートルと短く軒が重なってしまうため、仕切り塀だった可能性もあるという。

 担当の番光研究員は 「小子房かどうかを判断するには、北と東にもあったとされる僧房の状況を確認することが重要」としている。

 興福寺は藤原不比等が720年代に建立。中金堂と講堂の東・西・北を「コの字型」に取り囲む三面僧房があった。西僧房は西室と呼ばれ、平安時代から江戸時代までに計8回焼失。享保2(1717)年の焼失後は再建されなかった。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

ビリー・アイリッシュの映画公開記念特製缶バッジ

プレゼント写真
提供元:イーストワールド・エンタテインメント
当選者数:5人
  • 購読のお申込み
  • 奈良新聞デジタル
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報