社会

閻魔王 色鮮やかに再現 - 地獄絵図を修復/桜井・報恩寺

修復が終わり初公開されている「地獄絵図」=桜井市外山の宗像会館 拡大

 桜井市外山の報恩寺が、同寺に伝わる江戸時代の掛け軸「地獄絵図」(全10幅)を修復、同地区の宗像会館で初公開されている。閻魔(えんま)王の裁判の様子などが色鮮やかによみがえった。31日まで。

 各絵図は縦約95センチ、幅約40センチ。同寺が所蔵する天和2(1682)年の「涅槃(ねはん)像」と画風や色使いが類似しており、江戸時代の制作とみられている。伝来の経緯は不明という。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

ビリー・アイリッシュの映画公開記念特製缶バッジ

プレゼント写真
提供元:イーストワールド・エンタテインメント
当選者数:5人
  • 購読のお申込み
  • 奈良新聞デジタル
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報