社会

赤バスが運びます - 大阪市から落札、ベンツ製/藤岡家住宅

藤岡家住宅の送迎バスとして再出発した赤バス=16日、五條市近内町 拡大

 今年3月に廃止された大阪市のコミュニティーバス「赤バス」のベンツ製車両1台が16日、五條市近内町の登録有形文化財「藤岡家住宅」で送迎バスとして復活、運行を開始した。

 大阪市交通局は8月、赤バス車両12台をインターネット競売に出品。同住宅を運営するNPO法人「うちのの館」が1台を落札した。

 平成17年式で走行距離は約25万キロ。車体を磨き上げ、車内はほぼそのまま利用した。段差のないノンステップで座席数は13、定員21人。バスの呼び名は公募し、「きずな号」と決まった。

 団体予約制の無料の送迎バスとして、最寄りのJR、私鉄の駅やバスセンター等と同住宅を結ぶ。他団体との乗り合い調整も行うという。

 同法人は「五條まではちょっと遠いと感じていた方にもどんどん利用して来館してほしい」としている。

 問い合わせは同法人、電話0747(22)4013。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「花の郷滝谷花しょうぶ園」入園招待券

プレゼント写真
提供元:花の郷滝谷花しょうぶ園
当選者数:5組10人
  • 12.8(土) 12.9(日)に開催 奈良マラソン2018
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報