歴史文化

広範囲に丘開発か - 明日香・甘樫丘東麓遺跡

谷を大規模に造成した上に立てられた建物跡(手前)=5日、明日香村川原の甘樫丘

 飛鳥時代の権力者、蘇我蝦夷(えみし)・入鹿(いるか)親子の邸宅が営まれたとされる明日香村川原の甘樫丘東麓遺跡で、これまでの調査地とは別の谷でも7世紀中ごろに大規模に造成していたことが分かり、奈良文化財研究所が5日、発表した。当時丘が広範囲にわたって開発され、土地利用されていた可能性があるという。

 平成5~23年度までの調査で大規模造成が確認されている谷から、北方約100メートルにある谷で、約800平方メートルを発掘調査。

 従前の調査地より小さな谷ながら、斜面を削って低地を最深5・5メートル以上埋め立て、東西20メートル以上、南北30メートル以上の平坦面をつくっていた。

 平坦面には、倉庫など高床の建物の可能性がある東西3間、南北3間の総柱建物跡を確認。そのほか東西3間、南北2間の掘っ立て柱建物跡も検出した。

 出土した土器から、造成は7世紀中ごろとみられ、ごく短期間で遺構は廃絶したと考えられるという。

 玉田芳英都城発掘調査部副部長は「東麓は広範囲に造成が行われていたようだ。これまで点だった遺跡が面的に広がる可能性がある」と話す。

 「日本書紀」には甘樫丘に蝦夷・入鹿の邸宅が営まれたという記述があり、同遺跡との関連が注目されている。

 現地見学会は7日午前11時から午後3時。小雨決行。駐車場はない。問い合わせは同研究所都城発掘調査部(飛鳥・藤原地区)、電話0744(24)1122。

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

2020年版オリジナルカレンダー

プレゼント写真
提供元:国立民族学博物館
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ