総合

【生駒ケーブル】懐かしい車両復活 - 開業95周年を記念

開業当時の姿が復元された「すずらん号」(左)と「白樺号」(近鉄電車提供) 拡大

 近鉄電車は、大正7(1918)年に開業した日本最初のケーブルカー「生駒鋼索線(生駒ケーブル)」が29日に開業95周年を迎えたのを記念し、既存車両を開業時の配色に塗装し直した。各車両の名称も復活し、オールドファンらを喜ばせそうだ。

 復活したのは、平成12年3月まで運行されていたクリームと赤色の「すずらん号」と、クリームと青色の「白樺号」。今回の復元に際し、色の境界を丸みを帯びた塗装に変え、柔らかく優しい表情を持つ開業当時の姿が忠実に再現された。

 両車両は、鳥居前駅~宝山寺駅間の宝山寺2号線で、同1号線の車両(ブル、ミケ号)の点検日に運行。運行日以外も、両駅で停車中の外観を見ることができる。

 同社は「各車両に触れて、開業当時の雰囲気を味わってもらえれば」と話している。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

ビリー・アイリッシュの映画公開記念特製缶バッジ

プレゼント写真
提供元:イーストワールド・エンタテインメント
当選者数:5人
  • 購読のお申込み
  • 奈良新聞デジタル
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報