社会

5日から15回目の「なら燈火会」 - 県新公会堂で冷茶席

 古都の夏の夜を2万個のろうそくの明かりで彩る第15回「なら燈花会」が5日から、奈良市の奈良公園一帯で開催される。14日まで。期間中、県庁舎玄関前に約600個のろうそくをともしたり、県議会棟でミニ音楽会を開くなどする「県庁ほのあかり2013」も併せて行われる。

 「なら燈花会」は平成11年に始まった夏の恒例行事。5日午後6時45分から浮雲園地会場でオープニングセレモニーがある。例年の会場に加えて、今年は15周年記念会場として県新公会堂では、中庭での冷茶席「燈花茶庵」(500円)があるほか、浴衣着崩れ直しサービスもある。

 点灯時間は午後7~9時45分(天候などで日時の変更や中止になる場合もあり)。1人500円でろうそくの点灯が体験できる「一客一燈」(午後7時30分〜9時)も実施。

 関連イベントとして10日午後5時15分からと同6時25分からの2回、県新公会堂レセプションホールでファッションイベント「NARA SUMMER FASHION FESTA(奈良サマー・ファッション・フェスタ)も開かれる。タレントの南明奈さん、人気ブロガーゆうりちゃんによるトークショーもある。

 問い合わせは、なら燈花会の会事務局、電話0742(21)7515、サマー・ファッション・フェスタについては県奈良公園室、電話0742(27)8677。

 

特集記事

よく読まれている記事

本社屋上カメラ

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

「印象派・光の系譜」展の招待券

クロード・モネ「睡蓮の池」1907年、油彩/カンヴァス、101.5 × 72.0 センチ、イスラエル博物館蔵 Gift of The Jerusalem Foundation from the Sam Spiegel Collection
Photo (C) The Israel Museum, Jerusalem
提供元:主催者
当選者数:2組4人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ