社会

福島の子どもらと交流 - 畿央大生らが実施へ

昨年のキャンプで学生と一緒に草木染めに挑戦する子ども(実行委員会提供) 拡大

 畿央大学(広陵町馬見中)の学生と教職員有志でつくる「のびのびプロジェクト実行委員会」は、来月13日から15日まで、福島県猪苗代町で同県内の子どもたち約25人と「のびのびキャンプ2013」を実施する。

 東日本大震災が発生した平成23年から、同県二本松市の子どもたちを野外活動センターなどに招待し、自然と触れ合えるキャンプを実施している。

 今年は地元のボランティアグループや福島大学、いわき明星大学の学生有志と共同で実施。野外炊飯やキャンプファイヤーを予定している。地元の小学生5人と大学生3人のグループに分かれて活動し、小学生が自分たちで助け合いながらプログラムを楽しめるよう工夫している。昨年までに参加した中学生も5人がサポーターとして加わる。

 実行委員会は畿央大生24人と教職員5人で組織。1口1000円で協賛金を募っている。協力した個人や企業の名前を実施後にフェイスブックに掲載する。

 実行委学生代表の森本敦さん(20)は「震災から時間がたち、資金が集まりにくくなっているので、支援をお願いしたい」と話している。

 送金先などの問い合わせは、実行委に電子メールnobicamp2013@yahoo.co.jpで。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

入園招待券

柳生花しょうぶ園のハナショウブ
提供元:柳生花しょうぶ園
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介