社会

研究熱心な師しのび - 故森名誉教授と「まじない」の共著/帝塚山大の甲斐さん

恩師の故・森郁夫さんと共著で本を発刊した甲斐弓子さん=10日、奈良市帝塚山7丁目の帝塚山大学 拡大

 帝塚山大学考古学研究所特別研究員の甲斐弓子さん(61)が、今年5月に死去した同大学名誉教授の森郁夫さんとの共著「鎮めとまじないの考古学・上~古代人の心~」(雄山閣)を出版した。古代の祭祀(さいし)などを考古学の立場で考察した本で、森さんが亡くなる直前に完成。甲斐さんは「次の研究テーマや課題が散りばめられ、これからも本を書かれるつもりだったと思う」と、最後まで旺盛な研究意欲を示した恩師をしのんだ。

 古代の「鎮め」や「まじない」について、各地の発掘事例や史料なども交えて紹介。建築現場での「地鎮祭」をはじめ現代にも脈々と伝わる古代人の心を探っていく。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ビルベリーの黒酢飲料

プレゼント写真
提供元:メロディアン
当選者数:2人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド