考古学

纒向遺跡を史跡指定 - 邪馬台国の有力地

史跡指定の答申が行われた纒向遺跡で見つかった建物跡=平成21年11月、桜井市辻 拡大

 国の文化審議会(宮田亮平会長)は21日、文化財分科会を開き、桜井市辻などの纒向遺跡を、新たに史跡に指定するように文部科学大臣に答申した。計画性を持つ建物群などが見つかった3世紀初頭から4世紀初の集落跡。初期ヤマト王権との関わりのほか、女王卑弥呼が治めた邪馬台国の有力候補地の一つに挙げられている。県内の史跡は121件となる。

 纒向遺跡は奈良盆地東南部の三輪山の麓に位置。東西約2キロ、南北約1・5キロで、3世紀の集落跡では最大規模を誇る。昭和46年から県立橿原考古学研究所や桜井市教育委員会による発掘調査が行われている。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • アドレター
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

肉筆浮世絵の世界展の招待券

宮川長春「立ち美人」1711~36年
提供元:パラミタミュージアム
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • 新規ご契約キャンペーン
  • 奈良新聞デジタル
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報