社会

28年度末まで当面存続 - 県営競輪場

 県営競輪場(奈良市秋篠町)の経営改善策や存廃を含む今後の在り方を検討する検討委員会(委員長・絈井憲南都経済研究所委員長)の第4回会合が31日、同競輪場内で開かれた。存廃については平成28年度末までは当面存続とし、29年度以降は27年度末までに改めて同委員会に報告するなどとした中間報告案が示され、おおむね了承された。

 中間報告案では、車券販売や清掃、警備など、現在はそれぞれ直営や業務委託で行っている業務を一括して民間の1社に委託する「包括外部委託」の導入で累積赤字解消が見込まれると説明。「現時点では、競輪場の運営よりも有力な代替策を見いだすことはできなかった」とした。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良マラソン「第一生命メッセージボード」
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

企画展「姿の美、衣装の美…肉筆浮世絵」の招待券

プレゼント写真
提供元:県立美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報