総合

厳かに黄金輝く仏教絵巻 - 当麻寺・お練供養

二十五菩薩が中将姫を往生させる場面を演じた練供養=14日、葛城市当麻の当麻寺

 葛城市当麻の当麻寺で14日、中将姫の現身往生を再現する「お練供養」(聖衆来迎練供養会式)が営まれ、荘厳な仏教絵巻を見ようと多くの参拝者が詰め掛けた。

 奈良時代に一晩で当麻曼荼羅(まんだら)を織り上げ、成仏したとされる中将姫伝説に基づく伝統行事で約1000年の歴史があるという。

 西方極楽浄土に見立てた本堂から現世にあたる娑婆(しゃば)堂へ架けられた橋を信者らが扮(ふん)する二十五菩薩が中将姫を迎えに練り歩いた。仏となった姫を蓮台に載せ読経が響く中、娑婆堂から再び本堂に戻った。菩薩らが練り歩く間、夕日が境内を照らし、黄金の面が美しく輝いた。

 

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

Rumi with 田辺ひでゆき」初アルバム

プレゼント写真
提供元:エイフォース・エンタテイメント
当選者数:5人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ