社会

薄紅色の純米酒 - 奈良女子大と“春鹿”が開発

赤い純米酒「奈良の八重桜~クリスタル・チェリー」を開発した岩口准教授(左)と今西社長=23日、奈良市北魚屋東町の奈良女子大学 拡大

 奈良女子大学(奈良市北魚屋東町、今岡春樹学長)と清酒「春鹿」で知られる酒造会社今西清兵衛商店(同市福智院町、今西清隆社長)は23日、県花「ナラノヤエザクラ」から分離した酵母を使った赤い純米酒「奈良の八重桜~クリスタル・チェリー」を開発したと発表した。5月1日から販売する。

 昨年夏、ナラノヤエザクラ酵母に薬剤で突然変異を誘発する処理を繰り返し、サクラをイメージさせる赤色酵母の開発に成功。今年3月上旬から清酒の醸造を行い、今月12日に新酒900本が完成した。

 薄紅色で酸味と甘味が強く、フルティーな味わい。アルコール度数は10%とやや低く、試飲した同大の女子学生からは「飲みやすくて美味(おい)しい」と好評だという。

 両者は同大創立100周年の平成21年、ナラノヤエザクラの花から清酒酵母を分離することに成功、清酒「奈良の八重桜」を開発し販売している。

 色のついた清酒の醸造は難しく、研究を担当した同大理学部生物学科の岩口伸一准教授(微生物学)は「色が出ないと商品化は難しかったが、時間をかけただけあって良いものができた」。今西社長も「ここまで色が出ると思わなかった。新しい客層の開拓につながれば」と期待している。

 300ミリリットル入り750円(税別)。問い合わせは、今西清兵衛商店、電話0742(23)2255。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

第3回入江泰吉記念写真賞受賞記念「真鍋奈央『波を綴る』展」/入江泰吉写真展「奈良の世界遺産」

真鍋奈央の作品
提供元:入江泰吉記念奈良市写真美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報