歴史文化

平城京造営で破壊か - 出土の埴輪で推定/橿考研博

新たな古墳群の存在の可能性を示す埴輪=25日、橿原市畝傍町の県立橿原考古学研究所付属博物館
 平城京造営時に壊されたと考えられる4世紀後半から5世紀後半の古墳群が、奈良市芝辻町、法蓮町周辺に存在した可能性が高いことが分かった。県立橿原考古学研究所付属博物館が25日、発表した。

 県立橿原考古学研究所が平成12年度と21年度、JR関西本線と佐保川が交差する南側を調査。同館が報告書作成のため出土遺物の整理作業をした。…

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ