考古学

新たな地下水路発見 - 「高低差導水」覆す/飛鳥京跡苑池

発見された石組みの地下水路。奥が南池=29日、明日香村岡の飛鳥京跡苑池 拡大
流水施設の構造を示す模型=29日、明日香村岡の飛鳥京跡苑池 拡大

 日本初の本格的な宮廷庭園とされる明日香村岡の飛鳥京跡苑池(7世紀、国史跡・名勝)で、過去に出土した池に水を注ぐ流水石造物につながる地下水路が見つかり、県立橿原考古学研究所が29日、発表した。

 同苑池は南池と北池、水路で構成。南池の南岸中央付近からは大正5年、上部に水が流れる石造物2石(第2石と第3石)が並んで見つかった。

 平成11年の調査では、付近の池内部から、上部で水を吐き出す噴水状の石造物(第1石)が出土。三つの石造物は、池周辺から取水した水を池に流す一連の流水施設だと分かった。

 今回調査では、第3石の南側で全長約2・5メートルの石組みの地下水路を検出した。水路内部は高さ15センチ、幅70センチ。約1メートル大の天井石が2石あり、側石や底石には30~40センチ大の石が使われていた。地下水路から流水施設に水を流したと考えられる。

 第3石の抜き取られた痕跡も見つかり、その下部には池南岸護岸の石組みを利用した台石も確認された。

 3石の位置関係から想定される流水部分の高さは、第2石より第1石の方が約80センチ高いことが判明。従来想定されていた「第3石→第2石→木樋→第1石→池」という、単純な高所から低所への水の流れは、見直す必要が出てきた。

 同研究所は「新たな謎で、池の当時の名前や年代とともにはっきりさせていきたい」とする。

 南池は東西65メートル、南北55メートルの五角形。南岸と西岸は高さ約1・5メートルなのに対し、東岸から南岸東半にかけては約1メートル大の巨石を積み上げて3・3メートル以上の高さがあった。一方、中島の東端も完全に検出され、護岸には40~50センチ大の石をブロック状に丁寧に積み上げていた。

 菅谷文則・同研究所長は「石垣に在来の横穴式石室の技術と韓国の技術を使用し、7世紀の造園技術の粋が集まっている」と話す。

 現地説明会は12月8日午前10時~午後3時。駐車場はないため、バスなどの公共交通機関やレンタサイクルを利用する。小雨決行。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

ビリー・アイリッシュの映画公開記念特製缶バッジ

プレゼント写真
提供元:イーストワールド・エンタテインメント
当選者数:5人
  • 購読のお申込み
  • 奈良新聞デジタル
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報