社会

歯科口腔保健の展望考える - 橿原で公衆衛生学会

口腔ケアをテーマに行われたシンポジウム=15日、橿原市内膳町の県医師会館 拡大

 第33回県公衆衛生学会(県公衆衛生協議会主催)が15日、橿原市内膳町の県医師会館で開かれ、県内の市町村や大学、保健所等の関係者が日ごろの研究の成果や実践事例を発表。併せて歯科口腔保健の現状や展望を考えるシンポジウムが行われた。約250人が参加した。

 シンポジウムは、昨年8月に「歯科口腔保健の推進に関する法律」が公布、施行されたのを受け、「県における歯科口腔保健の現状と展望―口腔ケアの推進と職種連携でQLOの向上を目指す」をテーマに開催。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

「復興を支える地域の文化」展の招待券

地域の復興を後押しする郷土芸能―鵜鳥神楽(国立民族学博物館提供)
提供元:国立民族学博物館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報