総合

最高齢は大和郡山の111歳女性 - 3年連続、県が「長寿番付」公表

 県は5日、県内の高齢者の人数を集計した「長寿番付」を公表した。県内の最高齢者は、3年連続で大和郡山市の特別養護老人ホームに入所する111歳の毛利キヌさんで、平成元年以降では最高齢となる。

 県によると、来年3月末までに100歳を迎える人は、昨年度(294人)よりも17人多い311人。100歳以上の人は昨年度(758人)より61人多い819人で、過去の最高記録を更新した。

 平成23年10月1日現在の県内の65歳以上人口は33万6802人で、高齢化率は23・77%。

 県は毎年9月を「老人の日・高齢者保健福祉月間」に定め、「みんなで築こう 安心と活力ある長寿社会」を標語にさまざまな行事を開催。13日に荒井正吾知事が県内最高齢者の毛利さんを訪問して長寿を祝うほか、14日には「長寿と健康の祭典」を開催し、老人福祉功労者らを表彰す…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

コーヒーフレッシュ20袋セット

プレゼント写真
提供元:メロディアン
当選者数:2人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド