社会

【十津川明治大水害】120年ぶり記録発見 - 元村長の故上杉氏の手記

 十津川村で168人が死亡した明治22(1889)年8月の大水害を記録した元村長上杉直温さん(故人)の手記が、昨年9月の台風12号による紀伊半島豪雨をきっかけに、村内で約120年ぶりに見つかっていたことが30日、分かった。

 豪雨の影響で上杉家の蔵周辺でも地滑りが懸念された昨年11月、遠縁の玉置健一さん(59)らが所蔵品の古文書を持ち出し整理していた際、発見した。玉置さんに依頼され、手記と古文書を解読した日下古文書研究会(大阪府)は近く本にまとめ、村に寄贈する予定。…

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ