考古学

中ツ道の側溝遺構 - 飛鳥~平安の土器も/天理

確認された「中ツ道」の東側溝。左の道路は天理環状線=24日、天理市喜殿町 拡大

 県立橿原考古学研究所は24日、天理市喜殿町で実施した発掘調査で、古代の幹線道路「中ツ道」の東側溝が見つかったと発表した。中ツ道に伴う明確な遺構の検出は珍しく、貴重な事例となる。

 県道51号(天理環状線)の拡幅工事に伴い、道路の東側560平方メートルを調査。

 幅6・5メートル以上、深さ1・4メートルの大きな溝が、長さ約30メートルにわたって見つかった。溝西端は調査区外で検出できなかった。溝は南から北へ傾斜し、砂が堆積していることから、水がゆるやかに流れていたと想定される。

 溝からは飛鳥時代の瓦や奈良時代の須恵器、平安時代の黒色土器などが出土。これらから11世紀まで溝が存続したと考えられるという。また馬の歯や骨が多数出土した。

 溝は推定される中ツ道の位置関係から、東側溝と考えられる。

 現場は藤原京と平城京の中間部に位置。藤原京内で中ツ道の東西側溝と指摘される調査成果例があるが、京外で側溝が見つかったのは初めて。

 調査を担当した岡見知紀調査員は「明確な位置が分かっていない中ツ道が発見されたことは大きな成果」と話している。

 この日は地元向けの現地説明会があり、喜殿町の末浪正巳自治会長(63)は「すごいものが出てびっくりした。こうした場所で生まれ育ったのは誇り」と話した。現場はすぐに埋め戻すため、一般向け説明会は実施しない。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

ビリー・アイリッシュの映画公開記念特製缶バッジ

プレゼント写真
提供元:イーストワールド・エンタテインメント
当選者数:5人
  • 購読のお申込み
  • 奈良新聞デジタル
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報