社会

文化活動の拠点に - 追分本陣村井家住宅

宿場建築の面影を残す村井家住宅=奈良市大和田町 拡大
村井家住宅の「上段の間」と「控えの間」=同 拡大

 宿場建築の面影を残す奈良市大和田町の追分本陣村井家住宅(市文化財)が、文化活動の拠点として活用されることになった。伝統文化の継承に取り組むNPO法人「日本文化研究所なら」(理事長=勝部月子・帝塚山大学講師)が中心となり、一般利用も受け付ける。

 村井家住宅は江戸時代末ごろの建築で、暗峠を越える奈良街道沿いに位置。上段の間や控えの間に分かれ、大名の「泊まり札」も残されている。中は非公開だった。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「美神降臨」展開催で入館招待券

絹谷幸二「朝陽富嶽玉取り龍 不二法門」2019年 スティロフォーム ミクストメディア
提供元:絹谷幸二 天空美術館
当選者数:10組20人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介