考古学

神殿?特殊建物8棟 - 居住域と区別/御所・秋津遺跡

外側に屋根を支える柱(手前と奥の柱穴)を持つ建物跡=23日、御所市條の秋津遺跡 拡大

 ヤマト王権の成立期で、謎の多い古墳時代前期(4世紀前半)に営まれた大規模施設群が注目されている御所市條の秋津遺跡で、屋根を支える柱が外側に立つ独立棟持(むなも)ち柱建物が8棟あったことが分かり、23日、県立橿原考古学研究所が発表した。神殿を連想させる特殊構造の建物で、橿考研は「祭祀(さいし)や儀式の建物だった可能性がある」としている。

 同遺跡には、堅固な柵を巡らせた方形区画が計画的に建ち並び、その南北に一般居住空間が形成されていた。50〜100年間、建て替えを繰り返しながら維持されたという。

 柱穴を詳しく調べたところ、8棟分の独立棟持ち柱建物を確認した。最大は10メートル以上の辺を持つ床面積70平方メートル以上の建物。全て方形区画内にあり、特別な空間として認識されていたことが分かる。

 独立棟持ち柱建物は弥生時代に出現し、古墳時代には小型化していく。桜井市の纒向遺跡(3世紀前半)にもあり、兵庫県松野遺跡(6世紀初め)などが知られる。

 伊勢神宮正殿に見られる神明造りに近いとされ、祭祀建物や倉庫の可能性が考えられるという。床を支える束柱があり、重量物に耐える構造だった。岡田憲一・主任研究員は「用途は断言できないが、独立棟持ち柱建物がまとまった数で存在したことが秋津遺跡の特徴」と指摘した。

 また、方形区画エリアの南側で、大小の竪穴住居跡27棟分が見つかった。いずれも方形で一辺3〜5メートルが平均的。最大は一辺約9メートル。出土した土器から、時期は方形区画と同じと分かった。方形区画を営んだ有力者か、その下位集団の住まいなどが考えられるという。

 現地説明会は27日午前10時〜午後3時。JR玉手駅の南西徒歩40分。市立秋津小学校の東約200メートル。少雨決行。当日の問い合わせは橿考研の現場受付電話、090(8792)2854。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

第3回入江泰吉記念写真賞受賞記念「真鍋奈央『波を綴る』展」/入江泰吉写真展「奈良の世界遺産」

真鍋奈央の作品
提供元:入江泰吉記念奈良市写真美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報