総合

修行の山に大蛙 - 金峯山寺で蓮華会

境内を跳ね回るカエル=7日、吉野町吉野山の金峯山寺蔵王堂 拡大

 吉野町吉野山の総本山金峯山寺(五條覚堯管領)で7日、カエルが人間の姿に戻る「蓮華会蛙(かえる)飛び行事」(県無形民俗文化財)が営まれた。

 平安時代、修験道をののしった男がワシにさらわれて金峯山のがけに置き去りにされ、震えていたところ、高僧がカエルの姿に変えて救い出し、法力で人間の姿に戻したという寺伝にちなむ行事。

 開祖・役行者(えんのぎょうじゃ)が産湯を使ったとされる大和高田市奥田の弁天池で採取したハスの花を本尊蔵王権現に供える「蓮華会」の法要の後、カエルが蔵王堂前の舞台に登場。

 境内をピョン、ピョンと跳ね回ると、僧侶の経で人間の姿に戻された。カエルのユーモラスな姿に多くの参拝者が拍手を送っていた。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「食虫植物のひみつ展」開催で入園招待券

プレゼント写真
提供元:六甲高山植物園
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド