社会

「広島大仏」安堵に - 不明50年

 安堵町東安堵の極楽寺にある阿弥陀(あみだ)如来坐像が、戦後に広島の原爆犠牲者を弔おうと原爆ドーム近くの寺に安置され、その後、約50年にわたって行方が分からなくなっていた「広島大仏」とみられることが31日までに分かった。田中全義住職(25)は「ずっと広島の人を見守ってきたはず」と話し、原爆が投下された8月6日に写真を持って広島を訪ねる。

 大仏は全身に金箔(きんぱく)を施した木製で、高さ4メートル。広島の原爆資料館によると、昭和25年、別の寺から原爆ドーム近くの西蓮寺に移され、人々の心のよりどころになっていたが、同30年に別の寺に移された後、所在が分からなくなっていた。

 極楽寺に田中住職が来たのは約5年前。その際、祖父の知り合いだった古物商から譲り受けたのがこの大仏だった。祖父からは「広島の大仏」とだけ聞かされていた。

 その後、古書店で「大仏さんも体験した原爆被害を知りたい」と開いた「ヒロシマの記録」(中国新聞社)という本の中に表情が似た大仏の写真を見つけ、奈良国立博物館の専門家に確認を依頼。顔の特徴などからお墨付きをもらったという。

 田中住職は「震災で大変な時期に今回のことが分かったのも何かの縁。多くの人のよりどころになればうれしい」と話している。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ビルベリーの黒酢飲料

プレゼント写真
提供元:メロディアン
当選者数:2人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド