考古学

縄文からの“目覚め” - ノコギリクワガタ出土/御所・秋津遺跡

秋津遺跡で見つかった縄文時代のノコギリクワガタ=24日、橿原市畝傍町の県立橿原考古学研究所 拡大

 御所市條の秋津遺跡で、縄文時代晩期(約2800~2500年前)の土の中から、オスのノコギリクワガタの全身(約6.35センチ)が見つかり、24日、県立橿原考古学研究所が発表した。大あごから爪先までほぼ完形で残っていることは極めて珍しく、同研究所は「当時の環境や昆虫学の研究にも有効な資料になる」としている。

 見つかったのは1匹で、約2.25センチの立派な大あごを持っていた。確認できなかったのは左前あしだけで、外見上に現生種との違いはみられない。拡大画像で観察すると体毛も見えた。

 弥生時代の田んぼなどの層の下から縄文時代の水の流れや木の根が見つかり、川沿いに生えた常緑樹のアカガシ(ブナ科)の根元で、クワガタは仰向けの状態で土に埋もれていた。

 クワガタが木から落ち、川の増水などで一気に埋まった可能性などが考えられるという。同研究所の松岡淳平研究員は「死後すぐに埋まり、その後も水分が保たれる状況にあった」と分析。真空に近い状態でパックされていたことで細菌による分解を免れたとみられる。

 クワガタは樹脂で保存処理され、25日から6月12日まで、橿原市畝傍町の同研究所付属博物館で展示される。問い合わせは同館、電話0744(24)1185。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • アドレター
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

メトロポリタン美術館展の招待券

プレゼント写真
提供元:主催者
当選者数:者5組10人
  • 奈良新聞創刊記念プレゼントキャンペーン
  • 購読のお申込み
  • 奈良新聞デジタル
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報