総合

厄除けのハート「来た!」 - 唐招提寺うちわまき

ハート形のうちわをまく僧侶=19日、奈良市五条町の唐招提寺 拡大

 奈良市の唐招提寺(堀木教恩長老)で19日、厄除けなどを願う伝統行事「うちわまき」が行われた。

 鼓楼(国宝)の縁に出た僧侶がつり鐘を合図にハート形のうちわを次々とまき、下で待ち受ける参拝者がわれ先にと手を伸ばした。

 1本1本に梵字が書かれ、家に飾って厄除けにしたり、水田の取水口に立てる風習もある。

 奪い合いによる事故を避けるため、参加は先着100人で、まかれたのは約200本。残りの約1500本は抽選の当選者に手渡しで配布された。

 先着100人に入った大和郡山市観音寺町の主婦鈴木沙和子さん(30)は「千葉県から引越し、記念にしたいと朝から並びました。災い除けになれば」と話した。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「食虫植物のひみつ展」開催で入園招待券

プレゼント写真
提供元:六甲高山植物園
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド