社会

五感で木の大切さを - 桜井で森林ツアー

林業家らに教わってヒノキの皮むきに挑戦する子どもたち=2日、桜井市生田の松原木材

 森の木で家が建つまでの流れを知ろうと、奈良市の教育NPO「宙(おおぞら)塾」(黒飛啓理事長)は2日、桜井市内で森林ツアーを行い、ヒノキの切り出しや皮むきなどを体験した。

 5歳から高校生までの男女9人が参加した。若手の林業研究グループ「吉野桜井木材成年クラブ」の案内で山に入り、50年生のヒノキの伐採を見学。丸太切りや枝打ちなどを体験し、トラックに積んで製材所まで運んだ。製材所では皮むきに挑戦。談山神社では桧皮(ひわだ)ぶきの屋根修理の現場も見学した。

 奈良市の小学生吉田瑞穂さん(9)は「山の木は代々にわたって育てられていることを教わり、木の大切さがよく分かりました」と感心した様子。子どもたちは「いい匂い」などと五感で木に親しんでいた。

 製材業の北川秀幸・吉野桜井木材成年クラブ会長は「実際に木に触れて、森や木材について楽しいイメージを持ってもらえれば」と話していた。

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

2020年版オリジナルカレンダー

プレゼント写真
提供元:国立民族学博物館
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ