社会

南都6カ寺も義援金 - 「今後も募金続ける」

義援金を手渡す薬師寺の村上執事長ら=3月29日、奈良市大安寺1丁目の日赤県支部 拡大

 南都の6カ寺(東大寺、興福寺、西大寺、薬師寺、唐招提寺、法隆寺)でつくる親睦団体「南都隣山会」は東日本大震災の義援金として、現金500万円を日本赤十字社県支部に寄託した。

 奈良市大安寺1丁目の同支部を薬師寺の村上太胤執事長ら4人の僧侶が訪れ、松田光央事務局長に義援金を手渡した。村上執事長は「被災地の復興にはまだまだ時間がかかる。各寺の境内に募金箱も設置しており、今後も募金活動を続けたい」と話した。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「花の郷滝谷花しょうぶ園」入園招待券

プレゼント写真
提供元:花の郷滝谷花しょうぶ園
当選者数:5組10人
  • 12.8(土) 12.9(日)に開催 奈良マラソン2018
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報