社会

ロボット通し観光案内 - 遠隔操作で社会参加/ATR実証デモ

遠隔操作で観光案内するロボビー=15日、奈良市三条本町の市総合観光案内所
 国際電気通信基礎技術研究所(ATR=京都府精華町)が開発した、観光ボランティアガイドがロボット「ロボビーR3」(全長105センチ)を遠隔操作して観光案内するシステムの実証実験に向けたデモンストレーションが15日、奈良市三条本町の同市総合観光案内所であった。実験は来年1月24日~2月6日まで、同所で行う。

 高齢者や子育て中の親などが自宅にいながらロボットを操作して社会参加できるよう、誰もが簡単に操作できるシステムを確立するのが目的で、今回は観光ガイドを題材に実験をする。

 デモンストレーションでは、観光客がロボビーに「お薦めの場所は」と問いかけると、「奈良公園はどうですか」と観光ガイドがパソコンを操作して選んだ回答をロボビーが身振り手振りをつけて伝えていた。

 操作を担当した宇賀史郎さん(73)は「いまは観光客の目の前で案内をしたいが、操作も難しくないし、年をとったときに家からできるのはメリットだと思う。子どもにも人気が出るのでは」と話していた。

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ