社会

基幹システム共同化 - 自治体クラウド

自治体クラウドを導入する7市町の首長ら=3日、香芝市役所 拡大

 香芝市、葛城市、川西町、田原本町、上牧町、広陵町、河合町の7市町でつくる県基幹システム共同化検討会は3日、住民情報や税務、福祉医療などの住民記録系基幹業務システムを7市町で共同化する自治体クラウド(インターネットを介したコンピューターの活用形態)を導入すると発表した。情報技術(IT)を活用した基幹業務システムの共同化は県内初で、自治体を光通信網でつなく総合行政ネットワークを利用する同共同化は全国初。これによりITコストを50%削減でき、業務の効率化につながるという。

 同検討会は「ITコストの削減」を目的に今年1月14日に発足。県の支援、協力を得ながら検討を重ねてきた。

 今回の自治体クラウドは、これまで7市町独自で持っていた基幹業務システムを、一つのデータセンター(サービス提供事業者)に統合し、これを総合行政ネットワークを通じて利用することで効率化する。今回共同化されるのは住民記録系の住民基本台帳、印鑑登録、収納管理など20~22業…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「美神降臨」展開催で入館招待券

絹谷幸二「朝陽富嶽玉取り龍 不二法門」2019年 スティロフォーム ミクストメディア
提供元:絹谷幸二 天空美術館
当選者数:10組20人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介