総合

移設立案に全力 - 平城宮跡近鉄線で知事

 県議会の決算審査特別委員会(神田加津代委員長)が18日開かれ、総括質疑で荒井正吾知事が答弁に立った。荒井知事は「国営公園化」をにらみ、県が検討を進める奈良市の平城宮跡の近鉄線移設問題などについて、「地下の木簡など文化遺産の保存と、景観問題など近鉄線の移設問題は手法を含め極めて難問だが、まずは案が固まらないと動かない。移設に関して立案に全力で取り組む」と述べた。

 荻田義雄委員(自民党改革)の質問に答えた。荒井知事は「国営公園化を進める上で、(横断する)近鉄線はふさわしくない施設」とした上で、木簡など地下の文化財保護や景観の問題など「地下、高架いずれも問題があり、そうなると水平移設だが、近鉄西大寺駅の問題を含め、まずは推奨できる案を取りまとめたい」と述べた。

 山本進章委員(自民党未来)が県立耳成高校跡地利用で、あらためて旧校舎の利用を質問したのに対し、荒井知事は「耐震性のある施設であり、(県の)南部振興のための施設を移す事を検討している」と述べ…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

書籍「間違いなく育毛がかなう本」

プレゼント写真
提供元:ルチア
当選者数:5人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介