総合

設置工事費2倍に - 大極殿の修景柵

 平城遷都1300年祭の主会場、平城宮跡会場(奈良市)に復元された第一次大極殿の修景柵設置の工事費が、当初請負額1億2000万円から約2億4000万円に倍増し、17日の県議会総務警察委員会(小林茂樹委員長)の席上、荻田義雄委員(自民党改革)が取り上げた。稲山一八・県総務部長は「地方自治法など金額アップの契約変更に係る規定はない」と問題なしとの認識を示したが、委員から「社会通念上、誰が見ても疑義を持たれない契約の執行が望ましい」との指摘もあった。

 修景柵は、奈良時代に天皇が政務を司った施設を復元した大極殿と、その前庭を囲む板屋根付きの塀。高さ約2メートルの木製の柵で、周囲約800メートルを取り囲む形で設置した。

 県営繕課によると、修景柵設置工事は、今年4月24日の1300年祭で平城宮跡会場の開幕に合わせて計画。昨年9月に入札を行い、奈良市の建設業者と1億2229万3000円(税込み)で契約締結。木材振興県産材を使い、工期は昨年9月18日から今年3月31日までとされ…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

第5回全日本フルコンタクト空手道選手権大会の観戦券

昨年5月に開催された第一回国際フルコンタクト空手道選手権大会の決勝戦
提供元:全日本フルコンタクト空手道連盟
当選者数:10組20人
  • 12.8(土) 12.9(日)に開催 奈良マラソン2018
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報