社会

県警、ブリーダー聴取 - 「100匹捨てようとした」

 吉野町千股の芋峠付近の県道で11日、小型犬21匹が見つかった事件で、大阪府東大阪市のブリーダー(繁殖業者)女性(35)が12日、県警に出頭した。県警は女性に事情を聴いているが、動物愛護法違反容疑で書類送検する方針。 

 吉野署によると、女性は11日未明、小型犬約100匹を捨てようと、軽トラックで東大阪市から現場付近へ搬送。停車している間に30~40匹の小型犬が逃げ出したという。12日にも現場付近で見つかり、計30匹が宇陀市の動物愛護センターに保護されている。

 女性は7年前から自宅で小型犬約100匹を飼育。県警の調べに「捨てようと思ったが、かわいそうになった」と話しているとい…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

上野耕平サクソフォンコンサート招待券

上野耕平
提供元:学園前ホール
当選者数:2組4人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介