社会

管理徹底、防げ口蹄疫 - 消毒薬を無料配布

口蹄疫防疫対策研修会で消毒薬の無料配布も行われた=27日、橿原市四条町の県農業総合センター(県提供)
 牛などの家畜の伝染病「口蹄疫(こうていえき)」が宮崎県で発生している問題で、防疫体制強化を打ち出している県は27日、橿原市四条町の県農業総合センターで、県内畜産農家などを対象に口蹄疫防疫対策研修会を開いた。

 対象農家120戸のうち66戸のほか、農業共済組合、県農協、県畜産会や県家畜保健衛生所などの関係者94人が出席。宮崎県内での発生状況や口蹄疫防疫対応などについて説明があり、畜舎の周囲にまく消石灰の散布方法などをアドバイス。農場に入ってくる車両のタイヤや靴底など、足回りの消毒を徹底するよう、炭酸ソーダなどを使った消毒薬の作り方や使い方についても説明があり、実際に薬を染み込ませたマットの上を車で通らせるなどの実演も行った。万一、感染が発生した場合などに備え、感染経路を探る手立てとして飼料や使用薬品、家畜運搬の記録はもちろん、獣医師や役場職員、郵便や宅配に至るまで、農場の人の出入りを書き留めた「飼養管理日誌」を習慣づけるよう呼び掛けた。

 参加した農家に対し、1戸に1袋ずつ消毒薬(25キロ入り)が無償配布された。県畜産課はこの日欠席した関係農家に対しては、後日消毒薬を取り…

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

ピアノデュオとバンドネオンのコンサートの招待券

プレゼント写真
提供元:大和高田さざんかホール
当選者数:10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ