歴史文化

「朱」を精製用の鉢 - 田原本の宮古北遺跡

鮮明に朱が残り精製過程を知ることができる土器=17日、田原本町阪手の田原本青垣生涯学習センター

 田原本町宮古の宮古北遺跡で、古墳時代初め(3世紀後半ごろ)に朱を精製した須恵器の鉢が出土し、17日、町教育委員会が平成21年度発掘調査報告会で発表した。同時代の朱の精製過程にかかわる遺物の出土は県内では初めて。全国的にも貴重だという。

 昨年5~6月、携帯電話無線基地局整備のため68平方メートルを発掘調査。古墳時代前期の堀跡の近くの井戸跡の中から、内側に朱が残った鉢1個が完形で出土した。

 丁寧な加工で非常に薄く仕上げられ、直径12.5センチ、高さ5.3センチの丸底半球形。注ぎ口に偏って鮮明な朱が残存していた。

 器の外側にはすすが付着していた。天然鉱石から水銀朱を採取して粉末状にした後、加熱して溶か…

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

2020年版オリジナルカレンダー

プレゼント写真
提供元:国立民族学博物館
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ