社会

旧日本軍の高射砲発見【あやめ池遊園地跡地】

 5日午前10時30分ごろ、奈良市あやめ池北2丁目、「あやめ池遊園地」跡地のあやめ池土地区画整理事業区域内で、男性作業員(60)がショベルカーを使って掘削作業中、「ガツン」という音がしたため掘り起こして確認したところ、旧日本海軍のものとみられる砲弾(長さ約30センチ、直径約10センチ)3個などを見つけた。奈良西署によると、火薬や雷管はなく、爆発の危険はないという。

 同署によると、旧日本陸軍の高射砲(高さ約1.7メートル、砲身の長さ約2メートル)と小銃の銃身(長さ約1メートル)も発見。いずれもさび付いているという。連絡を受けて駆けつけた陸上自衛隊中部方面後方支援隊の不発弾処理隊が確認したところ、旧陸軍が使用していた88式75ミリ野戦高射砲と分かった。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

カラヴァッジョ展の招待券

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ「法悦のマグダラのマリア」1606年 個人蔵
提供元:実行委員会
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介