社会

奈良から海外へ発信 - 「日本文化研究会なら」発足

スペインでの文化交流について話し合う勝部さん(右)と副代表の丸岡英美さん=奈良市内 拡大

 伝統文化が息づく奈良から海外に文化を発信しようと、帝塚山大学講師の勝部月子さん(58)らが「日本文化研究会なら」を発足させた。3月にスペインのトレド市で文化交流会を開催、現地の大学で出前授業も開く。

 会員は現在約50人で、日本文化の伝承者を支援するほか、国内外の若者に「心と技と形」を伝えていく。

 海外での出前授業を検討していたところ、奈良市の姉妹都市、トレド市から文化交流の話が舞い込んだ。昨年11月には副市長名の招待状が届き、奈良市の後援も決まった。

 3月5日に日本を出発し、7日に「奈良の春を運ぶ」と題して文化交流。勝部さんの教え子など5人が出演して三味線や日本舞踊を披露する。奈良の伝統行事も映像で紹介する予定だ。

 翌日は同市内の大学を訪れ、日本文化を学ぶ若者に出前授業を行うという。勝部さんは奈良市の花街、元林院の研究などに取り組んできた。

 「海外の若者が日本文化に興味を持ち、実際に訪れるきっかけになれば。安く泊まれる受け入れ場所も作りたい」と意気込む。

 文化交流会では物産や工芸品の販売も可能で、現在参加者を募集中。問い合わせはJTB西日本大阪中央支店、「スペイン文化交流の旅」ツアーデスク、電話06(6449)9013。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

書籍「間違いなく育毛がかなう本」

プレゼント写真
提供元:ルチア
当選者数:5人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介