社会

鹿保護に役立てて - 愛護会に50万円と好物のドングリも

「奈良の鹿愛護会」に50万円とドングリを贈る翔馬さん(後列左)ら=26日、奈良市脇戸町の「奈良町TEN・TEN・CAFE」 拡大

 社会活動に熱心だった歌手の故河島英五さんの遺志を継ぐ河島英五記念基金は26日、奈良の鹿愛護会(大川靖則会長)に50万円を寄付。河島さんの遺族が営む奈良市脇戸町の「奈良町TEN・TEN・CAFE」で目録を贈呈した。

 基金の代表で、河島さんの長男の翔馬さん(27)は「奈良のシカが事故や、ごみの誤飲で毎年数百頭も死んでいると聞き、心を痛めた」と話し、河島さんの孫らが集めたシカの好物のドングリとともに寄付金を贈った。

 愛護会の池田佐知子事務局長は「支援は職員の励みにもなる」と感謝。「本年度の活動費に充てたい」と語った。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

胃腸の知識と守り方の本

プレゼント写真
提供元:幻冬舎メディアコンサルティング
当選者数:3人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介