社会

特別抗告を棄却 - 最高裁、少女殺害の小林死刑囚

 平成16年11月、奈良市立富雄北小学校1年、有山楓(かえで)ちゃん=当時7歳=が下校途中に連れ去られ、殺害された事件で、1審・奈良地裁の死刑判決が確定した小林薫死刑囚(41)が申し立てた特別抗告について、最高裁(竹内行夫裁判長)は18日までに、棄却する決定をした。決定は15日付。

 最高裁は「非公開の手続き」として、決定理由を明らかにしていない。

 小林死刑囚は殺人や強制わいせつ致死罪などに問われ、平成18年9月に1審・奈良地裁が死刑判決を言い渡し、弁護側が即日控訴。

 小林死刑囚は平成18年10月、自ら控訴を取り下げて判決が確定したが、20年12月に再審請求を申し立て、奈良地裁が今年5月に棄却。さらに大阪高裁でも棄却さ…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

「復興を支える地域の文化」展の招待券

地域の復興を後押しする郷土芸能―鵜鳥神楽(国立民族学博物館提供)
提供元:国立民族学博物館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報