社会

見えた 技術進歩 - 合金の気泡減少【橿考研博物館】

気泡が多い石製鋳型で造られた「外縁付鈕式」の銅鐸の透視写真(県立橿原考古学研究所付属博物館提供) 拡大

 弥生時代を象徴する青銅器、銅鐸(どうたく)の研究の一環で、県立橿原考古学研究所付属博物館(橿原市畝傍町)はこのほど、銅鐸8点のX線撮影を実施。制作年代が新しくなるほど合金に気泡がなくなり、均質な製品ができていく技術の向上を検証した。

 会期中の特別展「銅鐸」(―23日)で展示している様式や大きさの異なる銅鐸8点(いずれも辰馬考古資料館蔵)を撮影した。

 銅鐸は、鋳型に合金を流し込んで造った。鋳型は、年代とともに石製から土製へ変化。鋳型の変化に伴い、外見上でも文様が鮮明になるなど精度が上がることが指摘されていた。

 X線撮影の結果、弥生時代前期(約2300年前)の「外縁付鈕式」の銅鐸は気泡がとても多く、弥生時代中期後半とされる「扁平鈕式」の銅鐸にはほとんど気泡はみられなかった。同研究所付属博物館の北井利幸主任技師は「土製と石製の鋳型で造られた銅鐸の違いを裏付けることができた」としている。

 12月13日まで、X線撮影の写真パネルを同博物館で展示する。今月23日までは、実物と比較して見ることができる。

 午前9時から午後5時まで。特別展会期中の入館料は大人800円、高・大学生450円、小・中学生300円。問い合わせは同博物館、電話0744(24)1185。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

野菜の寄せ植えを紹介するムック

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド