社会

「題目立」を世界遺産へ - 奈良・八柱神社の民俗芸能

題目立のクライマックス、「フシヨ舞」の指導を受ける奥西柾貴君=26日夜、奈良市上深川町の八柱神社 拡大

 ユネスコの無形文化遺産への登録を協議する政府間委員会が28日、アラブ首長国連邦のアブダビで始まった。奈良市上深川町の民俗芸能「題目立」(重要無形民俗文化財)が候補に入っており、早ければきょう夜にも結論が出る見込み。地元では10月12日の秋祭りに向けて稽古(けいこ)が続く中、登録実現へ期待が高まっている。

 題目立は八柱神社の秋祭りで奉納される民俗芸能で、数えで17歳になった若者が大人への通過儀礼として奉納する。

 「厳島」「大仏供養」「石橋山」の3曲が伝わり、いずれもせりふ中心の語り芸。中世芸能の形を残す無形遺産として、文化庁提案の14件に盛り込まれた。

 保存会の徳谷寿明会長(70)は「戦争中は若い者がおらず、年寄りが代役を務めたと聞いている。登録は名誉なこと。欠かすことなく伝えていかなければならない」と気持ちを新たにする。

 8月以降の毎週土曜日、同神社の参籠所で稽古が行われ、保存会のベテランがマンツーマンで指導する。せりふには独特の節回しがあり、掛け合いで約1時間半の内容はすべて暗記だ。

 今年の演目は「厳島」。平経盛を務める県立山辺高校2年、今北祐貴君(16)は「部活もあるし、覚えるのは大変」と懸命に台本と向き合っている。

 「もっとゆっくり余裕を持って」「そんでええ」。指導は真剣そのもの。「最初はどうしてという思いもあったけど、ここに生まれた以上は決まりです」と今北君。

 演目は8~9人で演じられるが、最近は20歳を過ぎて出演することも多い。県外の大学に進学し、稽古にほとんどこれないメンバーもいる。30年近く指導を続けてきた中辻圭弘さん(57)は「登録されれば、あらゆる方面から注目され、不安もある」と話し、「上深川の者はみんなやってきたこと。若者が減ればカムバックも考えていかねばならないだろう」。

 今年は見学者の増加が予想される。クライマックスの「フシヨ舞」を舞う県立山辺高校3年の奥西柾貴君(17)は「習ったことを集中してやるだけです」と淡々と話した。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 政府広報防災
  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

「いのちのつながり」展開催で入館招待券

絹谷幸二・絹谷香菜子「生命輝く」2017年 ミクストメディア 200号
提供元:絹谷幸二 天空美術館
当選者数:10組20人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報