経済

「三笠」1日に開業 - 大和の味楽しむ料理店

和風の落ち着いた雰囲気がある「やまと旬野 三笠」店内=28日、奈良市登大路町の奈良商工会議所ビル地下1階

 奈良交通(奈良市大宮町1丁目、中村憲児社長)は、10月1日に同市登大路町の奈良商工会議所ビル地下1階に旬の素材や県内の食材を提供する料理店「やまと旬菜 三笠」(向井利和店長)を開業する。これに先立ち28日、同料理店で披露パーティーが開かれ、中村社長らがテープカットしてオープンを祝った。

 「三笠」の店内は淡いオレンジ色の照明にするなど和風の落ち着いた雰囲気。店舗面積は約139平方メートルで、カウンターやテーブル、個室など席数は合計59席ある。

 大和野菜や大和牛、大和肉鶏などを食材に使った料理に加え、地酒や梅酒、柿ワインなどの飲み物もそろえる。営業は昼が午前11時から午後3時まで、夜は午後5時から同10時まで。昼のメニュー価格は750円~2500円。夜は300円~4500円。奈交フーズ(奈良市大森西町)に運営を委託する。ス…

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

2020年版オリジナルカレンダー

プレゼント写真
提供元:国立民族学博物館
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ