経済

玩具にも収納にも - 「ソダツハコ」開発

 県内を拠点に活動するデザイン企画グループ「SODATSU FACTORY(ソダツファクトリー)」(倉原猛代表)が、幼児と保護者を対象に、玩具と収納家具の機能を併せ持った段ボール箱「ソダツハコ」を開発した。

 4個(2800円)と8個セット(5500円)の2種類で、おもちゃとして積み上げたり絵本を収納したり、子どもの成長過程に合わせて自由な用途で使える。手ごろな価格で20~30代の子育て世代に人気を呼びそうだ。

 グループのメンバーは工務店経営の倉原さん(奈良市)、建築家の高草大次郎さん(大阪市)、デザイナーの遠藤正二郎さん(京都市)、紙加工会社経営の中村孝士さん(田原本町)、設計事務所経営の阿部賢さん(桜井市)の5人。

 倉原、高草、遠藤さんの3人は一昨年、成長に応じて柔軟に変化する「育つ」という考え方をデザインに取り入れた、子育て世代向けの住宅「育つ家」を考案。低価格で増改築しやすい構造が評価され、同年のグッドデザイン賞(日本産業デザイン振興会主催)に選ば…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 万葉浪漫フェスティバル@藤原宮跡
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

えと刺しゅう入りタオル

プレゼント写真
提供元:東玉
当選者数:5人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド